読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かれ4

かれこれ4個目のブログ

SORACOM Airを使わずに、SORACOMを楽しむ方法

はじめに

SORACOMリリース1周年記念リレーブログ 11月1日分です。 blog.soracom.jp

SORACOMももう1周年という事で、色々とサービスが増えて来ました。 まずは各サービスをGoogle Trendで見てみます。

↑読み込み遅いけどGoogle Trendsのグラフ出ます。

↑読み込み遅いけどGoogle Trendsのグラフ出ます。

SORACOM Airが 2014/7/6 - 12の間に検索されていたりするのは、 創業者二人が飲みながら名前を考えているときに、 検索していたのかなと想像すると楽しいですね。

AirとBeamの検索量にたいして、他のサービスはGateがかろうじて 検索されている位の状況です。

ということで、今回はCanal周りを中心に遊んでみようと思います。

VPGで遊ぶ

まずはVPGで遊んでみたいと思います。 VPGを作成するところから。

VPGの作成

$ soracom vpg create --device-subnet-cidr-range=10.0.0.0/9  --primary-service-name=canal
{
    "createdTime": 1477998721142,
    "deviceSubnetCidrRange": "10.128.0.0/9",
    "lastModifiedTime": 1477998722107,
    "operatorId": "OP0012950956",
    "primaryServiceName": "Canal",
    "status": "creating",
    "tags": {},
    "type": 12,
    "ueSubnetCidrRange": "10.128.0.0/9",
    "useInternetGateway": true,
    "virtualInterfaces": null,
    "vpcPeeringConnections": null,
    "vpgId": "********-****-****-****-************"
}

コマンドラインでサクと作ります。
### statusがrunnningになればvpg作成完了
$ soracom  vpg get --vpg-id=acf68be6-83f7-44c3-9fd5-bd741a434176 |jq -r .status
running

特に難しいこともなく、作成完了です。

$ soracom vpg list-ip-address-map-entries --vpg-id=********-****-****-****-************
[
    {
        "hostId": "100.64.148.132",
        "ipAddress": "10.64.148.132",
        "key": "100.64.148.132",
        "type": "gatePeer"
    },
    {
        "hostId": "100.64.148.4",
        "ipAddress": "10.64.148.4",
        "key": "100.64.148.4",
        "type": "gatePeer"
    }
]

f:id:tottokug:20161102003139p:plain

 なにやら、アドレスが2個作成されています。  推測ですが、VPGというのはVPCと(AZにまたがって)EC2が2台という構成で作られているのでは無いかと推測できます。  今作成したものであれば、  100.64.128.0/17と100.64.0.0/17というサブネットがあるのではないかと思います。

 このVPCがアカウント毎に違うVPCなのか、同じVPCなのかは今回は検証していませんが、おそらく別れていることでしょう。

AWS側でVPCを作って遊んでみる

こちらもさくと作ります。

$ aws ec2 create-vpc --cidr-block 172.19.0.0/16
{
    "Vpc": {
        "VpcId": "vpc-467*****",[f:id:tottokug:20161102003146p:plain]
        "InstanceTenancy": "default",
        "State": "pending",
        "DhcpOptionsId": "dopt-ada4b3cf",
        "CidrBlock": "172.19.0.0/16",
        "IsDefault": false
    }
}

f:id:tottokug:20161102003141p:plain

VPGとAWS VPCをつなぐ

VPCとつなぐのはコマンド一つのお手軽さです。

$ soracom vpg create-vpc-peering-connection \
--destination-cidr-block=172.19.0.0/16 \
--peer-owner-id=01234567890123 \
--peer-vpc-id=vpc-********** \
--vpg-id=********-****-****-****-************

これで、SORACOM側のAWSアカウントから、指定したVPCに対してPeeringのRequestが届きます。

それをAWS側でAcceptすることで、Peeringが完成しました。 f:id:tottokug:20161102003146p:plain

VPGとSORACOMのVPCの関係について後日追記予定の内容があります。

Subnetの作成とRouteTableの設定とEC2の起動

先程Peeringを作ったVPCもそのままでは特に何もないネットワークなので、 もうちょっと遊ぶために、Subnet(172.19.8.0/24)を作成し、 RouteTableに100.64.0.0/16 への通信をpeeringに渡す設定とSecurity Groupを適切に設定する事で、 AirからEC2への疎通は出来るはずです。 今回はAirは使っていないので、確認はできていません。。。

f:id:tottokug:20161102003148p:plain

EC2からアクセス出来るのはどこまでなのか

そして、今日の本題。 EC2からSORACOMのどこまでアクセス出来るのか試してみたいと思います。

Doorがあればまた話しは変わってくるのかもしれませんが、 今回はSORACOM CanalとSORACOM GateだけでEC2がどこまでアクセス出来るのかを試していきたいと思います。 vxlanの設定までを https://dev.soracom.io/jp/start/gate/ ここを見ながら終わらせます。

$ soracom vpg register-gate-peer --outer-ip-address 172.19.8.253 --vpg-id ********-****-****-****-************
{
    "innerIpAddress": "10.18.216.109",
    "netmask": null,
    "outerIpAddress": "172.19.8.253",
    "ownedByCustomer": true
}

SORACOM Air

これは公式ドキュメント https://dev.soracom.io/jp/start/gate/#step5 にも書いてある事で出来るはずです。 今回はSORACOM Airを使わないで楽しむことが目的なので、割愛します。

SORACOM Beamに

SORACOM Beamには100.127.127.100というIPアドレスがついています。 このネットワークにアクセス出来ると良いですね。 とりあえず、単純にRouteTableに100.127.0.0/16へのルートをPeeringに向けてみます。

$ nmap 100.127.127.100

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2016-11-01 14:58 UTC
Note: Host seems down. If it is really up, but blocking our ping probes, try -Pn
Nmap done: 1 IP address (0 hosts up) scanned in 3.03 seconds

SORACOM Funnelに

Beamのときと同様にfunnel.soracom.io (100.127.65.43)にも

$ nmap  100.127.65.43

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2016-11-01 15:01 UTC
Note: Host seems down. If it is really up, but blocking our ping probes, try -Pn
Nmap done: 1 IP address (0 hosts up) scanned in 3.03 seconds

さいごに

結論、頑張ったけど、EC2からBeamにもFunnelにも到達することはできませんでした。

もし、EC2から直接BeamやFunnelにアクセス出来たならば、 MQTTのフルマネージドサービスを手に入れることができ、 SORACOMをIoTのサービスではなく、データフローのサービスとしても楽しむことが出来るはずです。

VPGはセットアップの時に 980 円/回 (税別)がかかるのと、 VPG 利用料金: 1時間あたり 50 円 (税別) VPC ピア接続利用料金: 1ピア接続・1時間あたり 10 円 (税別) [2016/11/1 現在] がかかるので遊び終わったら削除する事と、無駄にVPGを作成しないことで 突然の課金にびっくりすることはないでせう。

と、自己満足に浸ったところで、11/1分はおしまいです。