かれ4

かれこれ4個目のブログ

docker

BrainScriptのデバッグ環境をDockerとmakeで整える

MacではCognitive Toolkit (The Microsoft Cognitive Toolkit - Microsoft Research) (以下 cntk) をインストールすることが面倒だった。。。。 Intel MKL をMacにインストールするが大変なので、 以前からDockerを使ってcntkを動かすことにしていた blog.to…

$ docker statsで containerの名前を表示出来たら便利だと思う。

$ docker stats としているところを $ docker stats $(docker ps --format={{.Names}}) とすれば、CONTAINERのカラムがCONTAINER_IDではなく、名前で表示される。 便利。

The Microsoft Cognitive Toolkitで、Machine Learning 界のHello World. MNISTを試す

準備編 環境の準備をして blog.tottokug.com CNTKの使い方をざっくりと理解して blog.tottokug.com 確認編 cntkにはコマンドラインで使う方法と、python から使う方法などがありますが、 まずはコマンドラインで使う方法を試してみます。 cntkのコマンドが使…

CoreOSをディスクにインストールした時のcloud-configはいづこ?

/var/lib/coreos-install/user_data coreos.com coreosの設定を変えたい時は # 設定の変更 $ sudo vi /var/lib/coreos-install/user_data # 適用 $ sudo coreos-cloudinit -from-file=/var/lib/coreos-install/user_data

Docker for macを辞めたら、Docker Clientだけをスマートに入れる方法を見つけた。

Docker for macが出てから、しばらく使っていたけれど、 どうしてもディスクの喰い方がつらくて、Docker for macを卒業。 現在のローカルのDockerの環境は Parallels + CoreOS Stable channel + Docker client という構成に。 というか戻った。 paralllels +…

Mac上でCNTK改めCognitive ToolKitを使うならDockerが1番楽ちんそう

結論 Mac上でCNTK改めCognitive Toolkitを使おうとコンパイルを試みたけれど、ネイティブでは無理だった。 無理じゃないかもしれないけれど、労力ががが 結局Dockerでやるのが楽ちん。 なぜ?? github.com ここにも有るようにACMLがLinuxとWindowsにしか提…

Amazon Linuxのコンテナイメージを自分のdocker hubのリポジトリにコピーする

New Amazon Linux Container Image for Cloud and On-Premises Workloads | AWS Blog こんなリリースがあったけど、ecrとイチャイチャしたり、色々めんどくさいから、手元で使いやすいように 規約的に大丈夫かわからないので自己責任で #!/bin/bash if [ $# …